デリケートゾーン(陰部)の臭いケア専用石鹸【市販・通販総合】

デリケートゾーンの臭いを消すために効果のある石鹸・スプレーについて特集しています。「慢性的に臭い」「生理のときに抑えたい」そんなニーズに合ったケア用品をとりあげていますので是非参考にしてみてくださいね。
MENU

デリケートゾーン(陰部)の臭いに効果のある石鹸は?

デリケートゾーン、もっと具体的にいえば陰部が原因の臭いは独特の匂いがしますから自分でもわかるくらいですよね。

 

「毎日朝にきちんと念入り洗っているのに午前中の時点で酸っぱい匂いを発している」
「生理中だけ強烈に臭い」
「おりもの?膿のような白い液も出る」
など、それぞれ症状や匂いの程度は違うと思います。

 

そこで、それぞれの症状や匂いの程度によってどんな石鹸がおすすめなのかを、私の経験と業務用の臭い測定器を使って紹介しています。

 

石鹸の種類はたくさんあるけどどれを使ったらいいかわからないという方は是非参考にしてみてくださいね!

 

石鹸を選ぶ際の重要ポイント

石鹸には「匂いに匂いをかぶせるタイプ」と「臭いの元に働きかけるタイプ」があります。
匂いをかぶせるタイプの石鹸は、主にローズ系の香りが強い石鹸が多いです。
商品説明には悪臭をケアできる成分を配合しているとは書いていますが、陰部の臭いがなくなるというより、陰部の臭いが強い場合はローズの香りが混ざって余計悪臭になってしまう危険性もあります.....。
このような香りでごまかす系の石鹸は臭いの度合いが低い場合に有効で、臭いがきつい場合は逆効果になってしまうんです。

 

「臭い対策用の石鹸ならどれでもいい」というものではないということですね。

 

それでは、臭いの度合いごとにどんなケアをしたらいいのかを順番に解説してみます。

 

ジャムウなどの石鹸で解消できるレベル

多少臭いが気になる程度であれば、成分にジャムウが配合されている石鹸を使うことで対策することができます。
また、石鹸だけでなく洗い方に問題がある場合もありますから、普段している洗い方が間違っていないかチェックしてみてくださいね。

 

おりものの臭いがいつも気になるレベル

生理のときに臭いが気になるという方は多いですが、おりもの特有の甘酸っぱい臭いがいつもするという方は石鹸だけでなく、強い臭いが発する原因となっている「汗と雑菌の結合」をケアすることで対策となります。
殺菌・抗菌作用のある石鹸を使うと良いです。

 

血なまぐさい匂いが人より強いレベル

生理時の血なまぐさい匂いが、どう考えても他の女性よりも強いと感じているなら、それは陰部の脇に通っているアポクリン汗腺から出た汗と、生理中ナプキンなどをすることでこもりがちになって大量発生した雑菌が結合して臭いを発している可能性大です。
清潔に保ってはいると思いますが、なんせ生理中ですからムレてあっというまに雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
これを対策するには、雑菌の繁殖と雑菌への栄養を断つ作用のある「イソプロピルメチルフェノール」が配合されている石鹸を使うことが対策となります。

 

 

 

8割以上の人がデリケートゾーンの臭いに勘付いています

デリケートゾーンの特有の臭いを完全に消す事はできません。
そして、生理中のおりものの悪臭は自分でも自覚しているほどに強いでしょうから、周囲の人も間違いなく臭いと感じているはずです。

 

対象を男性に絞った調査です。大半の男性が臭いを感じつつも女性本人には黙っているんですね。

 

おりものの悪臭は女性特有のものですから男性にとっては異質であり、どうしても感じ取ってしまうようです。

 

 

臭いの要因は外部から内部(膣の中)で殖える雑菌にある

生理中でなくても悪臭を自覚してしまうほどに臭いが酷いというケースに関しては、その要因の大半は「過剰な洗浄」です。

 

膣の中から臭いが生じていると捉えている人が多いと思いますが、実際には膣の中ではなく、外部に存在する汗腺から生じる汗に入っている「たんぱく質」や「脂質」が尿や恥垢と合体して菌に変質し、膣の中でその菌が増えてしまう事が要因です。

 

分かりやすく言えば「膣が汚い事が原因でバリア能力がダウンして、それが痒みや臭いの引き金になる」のです。

 

「いや、いつも綺麗にしているはず」と思っているかもしれませんが、清潔にしようとして過剰に洗浄してしまうと、肌の中で「肌の表面を保護しよう」として皮脂が大量に生成されてしまう事になります。

 

毛髪を洗浄し過ぎた場合も、頭皮の臭いが強くなってしまう場合があります。
これも洗浄し過ぎた頭皮を保護するために皮脂が生成されて、汗と合体するからです。デリケートゾーンの場合と一緒ですね。

 

 

綺麗にしておく事が臭いを改善するために重要である事は確かですが、他の場所と変わらない力で洗ってしまうと、繊細なデリケートゾーンにとっては大きなダメージになってしまいます。

 

本サイトのTOPページでも紹介していますが、デリケートゾーンは非常に繊細であり、なんと「瞼と比べても肌が薄い」ほどです。

 

「優しく手で洗浄する事」がまずは大前提であり、それに加えて「臭いの要因に働きかけるもの」を用いる事が、効率の良い臭いケアの手段であると言えます。

 

陰部の臭いを改善してくれるアイテムは、クリームや石鹸など多種多様であり、最初の内はどれを買えば良いのか判断しにくいでしょうが、まずは「臭いの要因に働きかけてくれる成分が入っているか否か」を判断基準にしてみましょう。

 

 

私もトイレの際に悪臭を自覚するほどでした

正直私は生理中だけでなく常に臭いが強い方だと自覚しています。実際、トイレで下着を脱ぐときなどに自分で嫌な臭いを感じているからです。

 

彼氏と交際し始めて1年前後、かなり打ち解けた時期に「私のあそこの臭いって大丈夫?」と質問した事があります。

 

エッチの時に彼がその部分に触らないんですよね。元々触る気がない人なのかもしれませんが、本当に1回も触った事がないので心配だったんです。

 

彼は「別に大丈夫だけど」と答えてくれましたが、私自身が臭いと感じているくらいですから、やっぱりそれは私を気遣っての嘘だったんだと思います。
まあ、こう言ってくれると予想してはいたんですけど…・・。

 

毎日バスルームでしっかり洗浄していたつもりです。
良い香りにする石鹸を用いたり、フレグランス(香水)で臭いを相殺しようとしたりしていました

 

ですが入浴直後は大丈夫でも、少し時間が経過するとどうしても悪臭が気になってしまっていましたから、冒頭の調査結果の通り、当然周囲の人も臭いに勘付いていたに違いありません。

 

 

臭いを改善するために色々と調べました

それからは悪臭を改善するために、インターネットで色々と情報を集めました。

 

まず理解したのは「陰部の臭いと普通の体臭の要因は異なる」という事です。
まず普通の体臭の要因は「汗と肌に付いた汚れが合体する事」ですから、洗浄すれば臭いはほぼ消せます。しかし、陰部の臭いの要因は「おりものと尿が合体して、雑菌が殖える事」です。

 

そして、下着の内部は風通しが悪く湿度も温度も高いので、そもそも雑菌が殖えやすい環境にあります。
つまり、陰部の臭いを改善するには雑菌を退治するのが大事であるという事ですね。

 

 

洗い過ぎも駄目

知識が薄い頃は「とにかく洗浄すれば良い」と勘違いして、ボディーソープで力を込めて洗浄していたんですが、後にそれではむしろ臭いが悪化すると知りました。

 

なぜ悪化するかと言うと、洗浄し過ぎると留めておくべきおりものまで除去してしまって、膣から出るおりものが持っている自浄能力(膣の中を綺麗にキープする能力)が衰えてしまうからです。そしてそうなってしまうと、それをカバーしようとしてもっとおりものが出るようになってしまう可能性が高いです。

 

疾患や生理中などは少し事情が変わる場合もありますが、いつでも臭いが酷いというケースでは「洗浄する事」よりも「殺菌する事」の方が大事であると言われています。

 

 

フレグランス(香水)

最初の頃はフレグランスも使っていました。
どれだけ洗浄しても比較的早く臭いが戻ってしまうので、フレグランスの香りで相殺しようと思ったのです。

 

 

30日くらい続けましたが全然駄目でした

本当に酷い結果になりました。
臭いはもちろん改善しませんし、むしろミックスされてもっと酷い悪臭になってしまったようです。
実際に彼に「臭いが酷い」と注意されて、そこで気付いて即座に利用をストップしました。

 

デリケートゾーンの臭いをどんな手を使ってでも改善したいと思い詰めてしまって、妙な行動に出てしまいましたね……。

 

 

石鹸

フレグランスの次は陰部の臭い用の石鹸を使う事にしました。
黒ずみと臭いの要因をケアする事が可能な「ジャムウソープ」です。

 

30日使ってみてかなり良い結果になりました

 

継続使用していく内に徐々に皮膚が柔化して、潤いも向上しました。
ジャムウソープはバラのような香りが強いので、フレグランスの時と同じく変な臭いになってしまうのではないかと少し心配でしたが、嫌な臭いになる事はありませんでした。

 

 

クリーム

石鹸の事ばかりで、クリームを使うという発想は無かったんですが、インターネットで発見して、効果がありそうなのでクリームも試してみる事にしました。

 

おりものなどのデリケートゾーンの臭いの要因に働きかけてくれますし、石鹸とは異なりすぐに洗い落としてしまうものではないので、肌にしっかり残って悪臭の要因を封じ込めてくれる感じがしました。

 

 

30日使ってみて大成功だったと思います

毎日(生理中を除く)朝晩の入浴後に肌が乾燥してから塗布するように心掛けました。30日前後で使い終えました。

 

彼に「香りが良くなった」と褒められました。
まだお世辞も入っているとは思いますが、本当に良かったです。

 

 

最後に

陰部の臭い改善アイテムは多種多様ですが、全て30日前後使用した段階での効き目を比べますと、クリーム式が一番効き目を実感できました。

 

買って失敗した物もありますが、それも含めて今まで使ってきた臭い改善アイテムの使用感レビューもそれぞれ記事にまとめていますので、そちらも参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

 

このページの先頭へ