MENU

シェリーケア

シェリーケアは、これまでの陰部の臭い改善アイテムに多かった「臭いの出どころを塞ぐ」「別の匂いでごまかす」という商品とは根本から異なります。「臭いの要因にダイレクトに効いてくれる」陰部用洗浄剤です。

 

シェリーケアの主な特徴

陰部がアルカリ性になると雑菌が殖えやすくなるので、臭いが酷くなります。ですが、シェリーケアの場合は陰部にとって最適なペーハー値である「3〜5.5」の中の「4.5」となっていますので酸性がキープされます。そのため雑菌が殖える事をブロックする事が可能です。

 

膣の中の雑菌が殖える事で、デリケートゾーンの臭いが酷くなるという事は有名かもしれませんが、綺麗にすればそれで臭いが消えるという事でもないんですね。

 

洗浄能力が高いアルカリ性のソープ等で洗浄してしまうと、黒ずみを招いてしまったり、かえって臭いを酷くしてしまったりする可能性が高いです。

 

 

シェリーケアの消臭成分

シェリーケアには「柿タンニン」という消臭成分が入っています。
乳幼児の皮膚にも使用できるほどに、皮膚への刺激が少ない自然成分です。

 

加齢臭等の臭いを改善するための商品としては、渋柿石鹸なども人気ですよね。
そして、この渋柿石鹸にも柿タンニン(柿抽出液)が入っているんです。

 

さて、タンニンに入っている「フェノール生水酸基」には、臭いの要因物質に吸着して、臭いを持たない成分に変質させる効果があります。ですから、柿タンニンで臭いを改善する事が可能なのです。

 

 

「分かっていても言い出せない」のが男性です!

陰部の臭いは「体調が変わった時」や「生理中やその前後」などに特に酷くなります。
「体臭はしない方だし問題ない」
「彼氏にも臭いで注意された事なんてない」
「香水で臭いケアをしているから問題ない」

 

という風に考えている人も多いでしょうが、男性はデリケートゾーン特有の臭いに大体勘付くものです。ちなみに、男性には馴染みの薄い臭いだからだと言われています。

 

そして自分のパートナーの臭いに勘付いていても、90%の男性はそれを言い出す事ができないそうです。

 

大半の女性のデリケートゾーンからは臭いがするものですから、思い詰め過ぎるのも良くありませんが、自覚してしまう程の臭いの場合は、周囲に方々にはほぼ間違いなく勘付かれています。

 

臭いがちょっと気掛かり……という方は、シェリーケア等で陰部をケアしてみてはいかがでしょうか。

 

 

・使ってみての感想

 

シェリーケアを使ってみての感想を紹介していきます。
まずは開けてみました。

 

使用方法が記載された小冊子と、口コミが記された用紙が数枚入っていました。

 

箱に貼り付けてある伝票には「シェリーケア」と記載されていました。

 

個人的には亭主も知っているので別に平気ですが、大半の人は家族に知られずに購入したいのではないでしょうか。
ですから「美容品」や「化粧品」とだけ記載するなど、少し工夫してほしいと感じました。

 

本体はブラックの容器でプッシュ式です。
バスルームでしか用いないものなのでどちらでも良いのかもしれませんが、「陰部用」など容器に記載されていないのは助かりますね。

 

洗浄剤はトロトロしていて、いかにも液体石鹸という感じです。
手に出した直後から、柑橘系の匂いが意外と強く漂ってきます。

 

 

・シェリーケアが向いている人

 

シェリーケアの主な使用用途は「陰部の皮膚環境を安定させる事」であり、臭い・黒ずみ・過剰なおりものなどの問題を総合的に解決してくれます。

 

黒ずみ、臭い、おりもの等で困っている人には推奨したい商品です。

 

 

 

 

このページの先頭へ