MENU

チーズのような臭いがする場合の原因

 

デリケートゾーンの臭いの中で、最もポピュラーなのが『チーズのような臭い』です。
いくらポピュラーとはいえ、『デリケートゾーンの○○臭』と聞くと、あまり良い印象ではありませんよね。

 

しかし、このチーズ臭に関しては、女性なら誰もがする当たり前の臭いなんです。

 

デリケートゾーンが全くの無臭という女性はいません。

 

ただ、デリケートゾーンのケアをしっかり行っているかいないかだけの違いです。

 

 

膣内のチーズ臭はバランスが保たれている証拠

 

膣内には、常在菌という常に存在する菌がおり、その中の一つに『乳酸菌』がいます。

 

膣内に存在する乳酸菌は『デーデルライン桿菌』といい、この菌が膣内を酸性に保ち、有害な雑菌の繁殖を防ぐ役割をしています。

 

しかし、このデーデルライン桿菌が時に強烈なチーズ臭を放ってしまうんです。

 

このチーズ臭は仕方がないといえば仕方がないことなので、考え方を少し変えて見て下さい。

 

臭いが強いのは悩みになりますが、チーズ臭がするということは『膣内の健康バランスが正常に保たれている証拠』でもあるので、喜ばしいことでもあるんです。

 

チーズ臭は性病の時のデリケートゾーンの臭いとは違いますので、そんなに心配することはありません。

ただ、極端にチーズ臭が強い場合は、普段のケア方法(洗い方)が間違っているのかもしれません。

 

 

正しいデリケートゾーンの洗い方でチーズ臭を抑える

 

チーズ臭を全くしなくすることは難しいですが、普段からケアをしっかりとしておけば臭いが周りに漏れることはありません。

 

普段からのケアとは特別なことをするわけではなく、ただただデリケートゾーンを正しい方法で洗うだけです。

 

>>正しい洗い方についてはこちらをご覧ください

 

膣内洗浄は習慣化してはいけない

 

たまに、『膣内洗浄を習慣化する』という間違ったケア方法を推進している人もいますが、膣内洗浄は習慣化してまで行う必要はありません

 

その理由は、膣内の余計な菌だけでなく必要な常在菌までもを洗い流してしまい、膣内のバランスを崩してしまうからです。

 

そうなると、臭いが強くなるだけでなく病気にもかかりやすくなり、良かれと思ったことがあだになってしまいます。

 

どうしても膣内洗浄をしたいと言う人は、膣内洗浄の頻度を守って行うようにしましょう。

月に多くても2〜3回までが適度な回数で、その内の1回は生理終わかけに行うと良いといわれています。

 

必ずしなければいけない事ではないので、なるべくなら膣内洗浄はしない方が良いと思います。

 

なので、膣内洗浄を習慣化することは、このサイトではオススメしません。

 

 

【デリケートゾーンの臭い】チーズのような臭いがする場合の原因関連ページ

アンモニア臭がする場合の原因と対策
イカ臭い場合の原因と対策
膿をともなう悪臭の原因と対策
このページの先頭へ