MENU

【デリケートゾーンの臭い】イカ臭い場合の原因と対策

 

生理前のおりもの

 

 

イカ臭くなる原因には、生理前のおりものの分泌量が増加することが考えられます。
生理が始まる1週間前ぐらいから、おりもののニオイが強くなってきます。

 

おりものには、膣内を乾燥から守り、細菌やウイルスなどの侵入を防ぐという役割があります。

普段は無臭ですが、生理前には酸性状態になるため、酸っぱい臭いになります。

それが下着に付着したままの状態で放置していると酸化し、イカ臭い原因となるんです。

 

対処法としては、おりものシートを着用して、常に下着を清潔に保つことです。
殆どの場合、それほど気にする程の臭いではありません。

 

 

スソワキガ

 

 

イカ臭くなる直接的な原因とはいえませんが、スソワキガのニオイが陰部まで広がっていると考えられます。

 

スソワキガに関してはデリケートゾーンの環境や状態というより、体質といった方が良いでしょう。

両親からの優性遺伝によるものなので、仕方がないといえば仕方がないのかもしれません。

 

遺伝だから仕方がないと諦めて、放っておいてはイカ臭さが悪臭に変化してしまいます。

 

対処法としては、汗をかいたら直ぐに拭き取ることと下着を変える事です。
汗を放置して蓄積されると、後にとんでもない悪臭を放つようになってしまいます。

 

あまりにも酷い場合には、ワキガ同様にアポクリン腺を切除する手術が必要になります。
ちなみに、スソワキガの手術費用は十数万〜数十万です。
手術は医療機関でもクリニックでも行っていますが、自由診療ですので費用に差が出やすいと言えます。

 

 

食生活や加齢によるもの

 

 

肉類中心の食生活をしている人は、体臭自体が酸っぱいツンとした臭いになってくると言われています。

 

その理由は、動物性脂肪やたんぱく質を摂取した時に皮脂腺の活動が活発になるからです。

皮脂腺が活発化すると余分な脂質が体外に出され、黄色ブドウ球菌などの餌となり繁殖し、臭いを放ちます。

 

また、年齢を重ねると体質が変化し、若い頃に比べると皮脂が酸化しやすくなります。
そのために加齢臭が強くなり、デリケートゾーンの臭いも強くなってしまうんです。

 

対処法は、食生活を見直すことと規則正しい生活を心掛けることです。

 

 

恥垢によるもの

 

 

デリケートゾーンに垢が付着し、それが酸化することでイカ臭くなります。
セックスの後にシャワーを浴びずに過ごした場合にも、愛液が乾燥してイカ臭くなります。

 

恥垢によるイカ臭さは、正しい洗い方とお手入れでケアできます。

 

 

 

【デリケートゾーンの臭い】イカ臭い場合の原因と対策関連ページ

アンモニア臭がする場合の原因と対策
このページの先頭へ