MENU

【デリケートゾーンの臭い】魚が腐ったような悪臭がする場合の原因

 

デリケートゾーンから魚の様な臭いがしたら…これってピンチですよね。

 

魚の臭いってことは生臭いってことだから、決して良い臭いではありません。
どちらかというと、鼻を覆ってしまいたくなる臭いです。

 

おりものは基本的に無味無臭といわれていますが、膣内環境により多少のチーズ臭さや酸っぱい臭いがするのが正常です。

 

しかし、魚臭い・生臭いというのは、『細菌性膣炎』の可能性が高いです。

 

 

膣内環境のバランスが崩れる『細菌性膣炎』

 

『細菌性膣炎』は性病ではありませんが、婦人科を受診する方が早めに臭いから解放されるでしょう。
抗生物質を処方してもらうと一時的に緩和さます。

 

しかし、『細菌性膣炎』に関しては、再発率50%以上と高いので、その後の予防が重要です。

 

まず、細菌性膣炎に何故なってしまうのか?ですが、1番の原因は膣内が不衛生であることです。

 

・膣内に残ってしまった体液や、古くなったおりものが細菌を発生させている
・性交渉時に、男性が持っていた雑菌が膣内に侵入してしまった …など

 

不衛生の状態だと膣内に最近が発生し、善玉菌であるデーデルライン桿菌が減少し、膣内環境のバランスが乱れることになります。

 

 

『細菌性膣炎』の場合の臭い対策

 

『細菌性膣炎』の場合、膣内を清潔に保つことが重要です。
しかし、膣内には自浄作用がありますので、正しく洗浄する必要があります。
間違った膣洗浄は、膣内環境の乱れを悪化させますので、臭いを強くしてしまう可能性があります。

 

膣内洗浄の注意点とオススメ洗浄剤でしっかり予防
  • 石鹸やボディソープは使用しない
  • 水道水やミネラルウォーターは使用しない

 

オススメ洗浄剤

 

膣内洗浄には、腸内環境を整えながら、しっかり洗浄できる専用の洗浄剤を使用しましょう。

 

膣内洗浄剤で最もオススメなのは、産婦人科と共同で開発された「インクリア」です。

 

インクリアには、膣内に必要な乳酸成分が含まれているため、洗浄しながらも膣内環境をしっかりと整えてくれるので、細菌性膣炎の予防にピッタリです。

 

 

このページの先頭へ