MENU

【デリケートゾーンの臭い】膿をともなう悪臭の原因と対策

 

女性の場合、おりものとは違う確実に膿である場合には、悪臭以前に病気ですので、ニオイケアよりも婦人科を受診してみましょう。

 

尿道から白、もしくは黄色っぽいドロッとした液体が出てくれば膿で間違いないと思いますが、膣内からであればほとんどはおりもの異常と考えられます。

 

どこから出て来たかにもよりますが、多くはおりものを膿だと勘違いしています。

 

どちらにしても放っておいて治るものでもなければ、臭いケアをしたところで悪臭から解放されることはありません。

 

ちなみに尿道から膿が出る場合は、尿路感染症の疑いがありますので、早期に病院を受診することをオススメします。
女性の場合は尿道が短いため、膀胱炎になりやすいといわれていますので、注意しましょう。また、膀胱炎の場合には悪臭は殆どありません。

 

膿みたいなおりもの異常が見られ、更に悪臭の場合

 

膣カンジタ症

 

疲れやストレスによる免疫力の低下から、何度も再発しやすい厄介な病気です。

 

カンジタは真菌による病気で、この真菌は常に体内に存在する常在菌です。

 

症状としては、性器周辺部や外陰部の痒みや炎症です。

 

また、炎症によりおりもに異常があらわれます。
ヨーグルトやカッテージチーズ状のになり、性交時には痛みを感じることもあります。

 

カンジタはカビと同様で、高温多湿を好みます。
ですから、日ごろから蒸れの少ない通気性の良い下着を身に付けるように心掛けましょう。

 

トリコモナス膣炎

 

トリコモナス原虫という微生物が膣内に入り込み膣炎を引き起こします。

 

トリコモナス膣炎はおりもの異常で気付く人が多いです。
おりものが急激に増加するだけでなく、黄色や黄緑色で泡立っていたり、悪臭があります。

 

悪臭がある性病で1番に疑われるのがトリコモナス膣炎といわれるほど、独特な臭いがあり、泡立ったおりものが特徴です。

 

臭いを例えるなら、魚が腐敗したような生臭さといわれます。

 

トリコモナス膣炎の治療薬は処方箋が必要となりますので、少しでも疑いがある場合には婦人科を受診することをオススメします。

 

クラミジア感染症

 

自覚症状のない性病といわれています。

 

女性の場合、80%の人が無症状のまま感染しているともいわれています。
しかし、症状が出ないだけで感染はしているので、粘膜感染(性行為)で相手にうつす可能性はあります。

 

症状は無自覚ですが、放っておくと子宮の奥の子宮頚管に炎症を起こし、下記のような病気を発症する可能性があります。

 

・子宮頚管炎
・子宮内膜炎
・卵管炎
・卵巣炎
・骨盤腹膜炎

 

以上の病気を発症すると、様々な症状が出ます。

 

・おりもの異常(おりものの量が増えたり、臭いがきつくなる)
・性交痛(SEX時に、痛みや違和感が出る)
・不正出血(月経の時期以外の微量な出血がある)
・下腹部の違和感(下腹部にいつもと違った痛みや違和感がある)

 

自覚症状が出ていない場合でも、疑いがある場合は婦人科で検査することをオススメします。

 

細菌性膣炎

 

性感染症ではなく、膣内の常在菌のバランスが崩れた状態のことをいいます。

 

しかし、性病に似た症状が出るため、女性にとっては厄介な病気といえます。

 

基本的には炎症を伴わず、灰色がかった白いおりものが出て、生魚のような生臭さが特徴です。

 

しかし、放っておくと炎症を伴うようになり、黄色いおりものと悪臭に変わります。そうなると、ジーンズ越しでも臭いを感じるようになりますので、相当な悪臭化といえます。

 

性病の疑いがないのにデリケートゾーンが臭うのであれば、1度病院で検査してもらうことをオススメします。

 

 

 

 

【デリケートゾーンの臭い】膿をともなう悪臭の原因と対策関連ページ

アンモニア臭がする場合の原因と対策
イカ臭い場合の原因と対策
このページの先頭へ