MENU

もしかしてボディーソープでゴシゴシ洗ってる??
デリケートゾーンの正しい洗い方

 

デリケートゾーンの間違った洗い方がニオイを発生させる

デリケートゾーンのニオイケアとして皆さんが考えている方法は、しっかりとした洗浄ではないでしょうか。
しかし、デリケートな部分なだけにケア方法も、とってもデリケートと言えます。

 

確かに洗浄は、デリケートゾーンのニオイケアの方法としては、とっても大切なことです。

 

洗浄を怠れば、当然ながら雑菌が繁殖し、悪臭を放つようになるでしょうし、痒みの原因にもなり得ます。

 

しかし、洗浄の仕方を間違えているとキレイにしているつもりが、逆にニオイを発生させる原因を作ってしまうことになります。

 

 

陰部のニオイが気になる人の洗い方としては…

  • ボディソープを使用してゴシゴシと洗っている
  • 膣内洗浄をマメに行っている
  • ボディソープの香りで誤魔化すのは嫌なので、陰部をゴシゴシ擦った後にお湯だけで流す

などですが、どれも陰部にとっては良くない洗い方です。

 

 

デリケートゾーンには表皮ブドウ球菌という菌が存在し、ニオイの元となる黄色ブドウ球菌や真菌の異常繁殖を抑えてくれます。
なので、上記のような洗い方をしていると、デリケートゾーンにとっての善玉菌をも洗い落としたり、殺してしまうことになります。

 

善玉菌が居なくなると悪玉菌が繁殖し、おりものの量が増えたり、カンジタ膣炎や細菌性膣炎を発症させる原因になります。
これらもデリケートゾーンのニオイを発生させ、さらには病院で診てもらう必要が出てきますので注意しましょう。

 

デリケートゾーンの皮膚は瞼より薄い

引用元:花王

 

また、デリケートゾーンの皮膚はとっても薄い(まぶたより薄い)ので、洗顔と同様に専用の石鹸で洗うのがベストです。

 

洗顔する際には、必ず洗顔フォームを使いますよね?
それと同じで、デリケートゾーンも専用のソープを使た方が、よりお肌に優しいのです。

 

でも、普通のボディソープで洗うことを絶対にダメとは言いません。
使用する場合には、お湯で薄めて良く泡立てて使用しないと成分が刺激となってしまいます。
もし使用してから、陰部に痛みや痒みが出た場合にはお肌に合っていないと言う事なので、専用ソープに切り替えることをオススメします。

 

ボディーソープが合っていないと、膀胱炎になる可能性が高くなってしまうので注意して下さいね。

 

ちなみに、ウォシュレットなどのビデ機能を使用しすぎるのもニオイの原因になったり、性病の原因になります。
特に外出先のビデは様々な人が使用した後であり、しっかりとノズルの掃除がしてあるかも不明ですので、使用は避けた方が良さそうです。

 

ビデ機能で清潔にしているつもりでも、善玉菌が居なくなってしまっては意味がありません。
ご家庭で使用する場合にも、毎回使用するのではなく、程々を心掛けましょう。
ウォシュレット使用時間は5秒以内で、弱めの水流で優しく外陰部周辺に水をあてて流すようにするのが良いそうです。

 

 

デリケートゾーンは優しく洗うのが基本

デリケートゾーンの洗い方として、ゴシゴシと力強く洗うのは×というのは、上記で分かりました。
しかし、優しく洗うだけで汚れが果たして落ちるのか…そんな不安があります。

 

ゴシゴシと洗う理由には、恥垢(ちこう)をしっかり洗い落としたいからだと思います。
しかも恥垢は手や脇などの汚れとは別物で、皮膚に薄く伸びて付着しているため落ちにくいのです。

 

ニオイの原因は、恥垢の蓄積によるものですから、蓄積させない事が重要です。
ですが、恥垢を落としたいがためにゴシゴシ洗ってしまっては逆効果です。

 

 

デリケートゾーンの構造を知ろう

女性に産まれたからには、全員が陰部の構造を理解しているかと思いきや、見たことがないという方が多いんです。
イラストなどで分かっているつもりでも、実際の陰部の構造は人それぞれ違っています。
ですので、鏡を使って陰部を確認しながら、『どこに汚れが溜まりやすいのか』『どこが洗いづらいのか』を知っておきましょう。

 

特に、俗にいうビラビラの部分、大陰唇(Labiamajora)と小陰唇(Labia minora)の間の溝やクリトリス(clitoris)周りは恥垢が溜まりやすい箇所です。
また、クリトリスは男性同様に包皮に覆われていますので、優しく剥いて洗うようにしましょう。

 

デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いと言われていますので、洗顔するときよりも優しく丁寧に洗う事を心掛けましょう。
デリケートゾーンを洗う時の基本は『優しく』『刺激の少ない石鹸で』『指の腹で撫でるように』です。

 

 

デリケートゾーンの正しい洗い方と注意点

デリケートゾーンを洗う時、ボディタオルでゴシゴシなんて以ての外です。
ゴシゴシすれば汚れは確実に落されますが、常在菌を落とすだけでなく、皮膚を傷付けてしまう恐れもありますので注意が必要です。

 

また、ゴシゴシすると洗った気になって、細かい箇所の洗浄を怠ってしまうことがあります。
そうなると、洗っているにも関わらず恥垢の蓄積に繋がってしまい、いつまで経ってもニオイから解放されることはありません。

 

 

デリケートゾーンは前方から後方へ洗うのが原則
  • アンダーヘアー
  • 皮膚をマッサージする感じで、掌をクルクルとスライドさせながら優しく洗いましょう。
    毛の部分だからとゴシゴシしてはいけません。

  • クリトリス(陰茎)
  • 片手で優しく皮を剥いて、もう片方の指の腹で触れるか触れないか程度の力で洗いましょう。
    皮を剥くことで過敏になりますので、しっかりと石鹸を泡立てて慎重に洗うことを心掛けて下さい。

  • 小陰唇・大陰唇
  • デリケートゾーンの中で、特に恥垢が溜まりやすいと言っても過言ではない箇所です。
    指の腹を使って、溝に沿って十分に洗浄しましょう。
    恥垢が落ちにくいからと言って、ゴシゴシしてしまうことのないように注意して下さい。

  • 会陰・会陰
  • 性器を洗浄し終わったら、仕上げに会陰と肛門を洗浄します。
    この時も、ゴシゴシせずに良く泡立てた石鹸で撫でるように洗浄しましょう。

 

膣内には自浄作用があるので洗浄は×

膣内からニオイを発しているのでは?と考えると、膣内を洗浄してしまいたくなります。
しかし、膣内には自浄作用(膣内を常にph4前後の酸性に保ち、病原体の侵入や増殖を防ぐ)があるため、洗浄をしてしまうと自浄作用が低下してしまいます。

 

自浄作用が低下すると膣炎が起こりやすくなりますので、膣内洗浄は避けるようにして下さい。

 

 

デリケートゾーンを洗う時は専用ソープが◎

 

普通に体を洗う時に使用しているボディソープの特徴は、香りが良くて泡立ちもとっても良いですよね。
しかも、洗い上がりの爽快感というか、汚れが落ちている感が大きいです。
洗い上がりをスッキリさせるためには、十分な洗浄能力を持つ『界面活性剤』という成分が入っていることが殆どです。
さらに、お肌とは逆のアルカリ性となっています。

 

 

アルカリ性はデリケートゾーンの善玉菌を殺す

デリケートゾーンは酸性寄りであるため、アルカリ性のボディソープなどで洗浄してしまうと、常在菌である”表皮ブドウ球菌”を殺してしまうことになります。
表皮ブドウ球菌は、『お肌を弱酸性にキープしつつ、様々な刺激から保護する』という役割があります。

 

なので、洗い流してしまったり殺してしまうアルカリ性のボディソープは、デリケートゾーンには適していないということになります。

 

デリケートゾーン専用ソープは弱酸性でできている

デリケートゾーン専用のソープは、酸性寄りの陰部に合わせて弱酸性でできています。
さらに、お肌に優しい成分(無添加)で作られているものが多いため、安心して使用することができます。
また、香りも強く残るものではなく自然由来の香りといった感じなので、ニオイを香りで誤魔化すことはありません。

 

デリケートゾーン専用ソープは陰部を洗うためだけに作られていますので、ニオイケアには適しています。
ただし、洗い方を間違っていると効果が半減してしまいますので、正しいデリケートゾーンの洗い方は覚えるようにして下さい。

 

 

 

 

このページの先頭へ